Hyper Genius Method ぶっ飛んだ天才学習法

2020年、今の高校1年生から新しい大学入試制度が始まります。

 

どんな試験になり、そのためにどのような準備をすれば良いのか、勉強会やセミナーに参加したり、仲間の塾の先生たちと情報を共有して考えてきました。

 

これまでの入試は、知識量や正確な答案を作ることが求められてきましたが、これからは正しく読み取り、出された条件に従って書き、提示された情報を利用して推論する力が求められます。


国語と数学で記述問題が出題される、英語は4技能が試され、筆記試験の配点とリスニングの配点が同じになるなど、表面上の変化だけ知っていても太刀打ちできません。

 

また大学入試に限らず、AIやIoTの実用化で新しい仕事が生まれ、グローバル化でたくさんの人が共存する社会の中で自分という個性を発揮して活躍する力をどうやってつけるのか?考えて、考えて、塾仲間と開発したのが

Hyper Genius Methodです。

カリキュラムと効果

Hyper Genius Core1 入力系統の拡張《耳》と《目》

 

  • 速聴力強化(3倍速~5倍速)
  • 速読力強化(分速5000文字~10000文字)

 

1st Breakthrough Session インストラクターによる特別レッスン

 

  • 耳と目を使った読書トレーニング
  • 小中高と当たり前に習ってきた読み方からのBreakthrough

               (分速10000文字~500000文字)

 

Hyper Genius Core2 出力系統の拡張《口》と《手》

 

  • 特殊音読法トレーニング
  • 特殊ノート術、ノート整理術

 

Hyper Genius Core3

 

  • 思考の整理術、発想術、
  • プレゼンテーショントレーニング、ディベートトレーニング

HGM Core1 入力系統拡張

入力系統拡張【速聴力強化3倍~5倍+速読力強化:分速5000字~1万字】

最初に大量の情報をインプットできるように脳力を拡張します。

人の成長過程を忠実になぞり、情報入力系統(五感:視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)を耳から目の順番で鍛えます。

また、Core1で大切なのは、いかに自分の興味分野を広げるかということです。自分の興味分野中心にトレーニングするので、楽しみながらトレーニングできます。

1st Breakthrough Session

Core1からCore2へ

1st Breakthrough Sessionは、これまで自分にかけられていた制限を外して、脳力が飛躍的に伸びる重要なセッションです。

認定インストラクターが、あなたの脳力を高次元へ導くお手伝いをします。

このセッションを通過すると、これまでのインプットのペースが2倍以上に跳ね上がります。新聞1面を3分で読むことや、読字スピードが分速1万字を超えることが可能です。

認定インストラクターが、個々に合った読み方を観察して、より適切な使い方に導きます。

このセッションは、Core1トレーニングの密度により個人差があります。

 

HGM Core2 出力系統拡張

速読ができるようになったら、様々な分野の本を多読してもらいます。

ただ読むだけではなく、表現するアウトレットトレーニングを行います。

口頭アウトレットと高速メモ術で、《脳》と《口》と《手》の神経回路をつなぎなおします。これらを繰り返し反復することで、脳内で情報をインデックス化する術を身につけます。

ただ速く読むだけの速読法とは、一線を画す並列情報処理的な脳の使い方を学びます。

共通の課題を調べて、賛成と反対の両方の立場から意見を発表したり、脳力拡張ゲームをします。

HGM Core3 入力出力統合

Core1、Core2とトレーニングを進めていくと、たくさん仕入れた情報を脳の中で分類して、必要なものだけを出してくることができるようになります。さらに思考を整理したり、ひらめいたことを自ら発展させる力がついてきます。

受講スケジュール

ガビット塾生

毎回の通塾日に20分~40分のトレーニング

  +月2回グループセッション

 

Hyper Genius Methodのみ受講の方

月2回(曜日は自由)90分トレーニング

  +月2回グループセッション

 

Hyper Genius Method大人コース

月4回(土曜日)50分トレーニング

  +グループチャットを使った自宅トレーニング